水回りの衛生面を助けてくれるGEM ドライングボードM

珪藻土の商品を提供するsoilのキッチンの水切り用珪藻土ボード「GEMドライングボード」Mサイズ(W295×D240×H9.5mm)。吸水力が高い自然素材の珪藻土と蛭石で作られた水切り版は、洗った食器や包丁などを置くと水分を素早く吸収し乾燥を早めます。

珪藻土は周囲の水分も吸収してくれるので、湿度が高くなりがちなキッチンをドライに保つ助けにもなります。自然素材のため、食品を扱うキッチンにおいても安心・安全に使えます。また、デザインは、シンプルな白色のため、キッチンにおいてもごちゃごちゃせず周囲のインテリアになじみます。

キッチン用のドライングボードの種類はMと奥行や重さが半分のサイズのSサイズ(W295×D120×H9.5mm)の2種類があります。

GEM ドライングボードMを購入した理由

洗い物をするときに水切り皿に水が溜まるのが衛生的に気になっており、また水切りラックや包丁立てなどぬめりやカビの原因になりそうなアイテムを頻繁に掃除するのは手間だと思っていました。

水分・湿度を抑えて、包丁や水切りアイテムをより衛生に保てる便利な何かが欲しいと思っていたところ、soilの商品にであいました。

GEM ドライングボードMを実際に使ってみた感想

動画などの商品紹介を見ると、スピーディーに水の跡が消えますが、周囲の湿度によってはじんわりと、ゆっくりしたスピードになり、また割れやすいそうなので、食器やお鍋などを置くときに通常の水切りよりそっと優しく置く必要がありそういった気遣いが当初はやや面倒に感じていました。

サイズが2種類しかないため、欲しい場所にぴったりのサイズで入手できないのが不満ですが、日中はずっと置きっぱなしでも水はたまらず食器も乾きやすく、期待していた効果はちゃんと出ているので便利なアイテムです。

食器をふくふきんもほとんど使わないため、洗濯物も少し減りますし、何よりキッチンがいままでより乾燥している気がするため、気持ちいいです。

京セラのセラブリッドフライパンは使いやすい

京セラのセラブリッドフライパンを購入しました。

このフライパンはセラミックでできていて中が白いフライパンです。

人体や環境に悪影響を与える物質を使っていないというのも大きな特徴です。

中にはコーティングが剥げてくると悪いものが出てくるフライパンもありますからね。

また熱伝導と遠赤外線の効果で食材がふっくらおいしく焼けます。

熱がよく伝わるので中火以下の火でも十分調理できます。そしてなによりこのセラブリッドフライパンの特徴は、片付けが簡単というところです。食材がこびりつかないので、汚れがするっと取れてしまいます。

がりがりやっても取れないフライパンが多い中、これは片付けがすぐに終わって非常に楽ちんなフライパンなのです。

京セラのセラブリッドフライパンを購入した理由

前に使っていた安いフライパンは2年くらいでだめになってしまいました。なるべく金のフライ返しで傷つけないようになってきたつもりでしたが、だんだん焦げ付くようになってきて、洗っても焦げが取れきれない状態になってきました。そこがまた焦げ付きの原因になっていく・・・といった具合で、どうにも使えなくなってしまいました。

なのでなるべく食材がくっつかないフライパンを求めていて、色々検討した結果セラミックのフライパンにたどり着きました。

ちょうどお店で京セラのセラブリッドを見つけ、悪い物質も出てこないと書いてあったのでこれに決めました。

京セラのセラブリッドフライパンを使ってみた感想

実際の使用感は今でもう4か月ほどになりますが、いまだにくっついたことがありません。

きれいなフライパンのままでツルツルぴかぴかです。片付けが楽なのが何よりうれしくて、スポンジでするっと回すと汚れが簡単に取れてしまいます。

前のフライパンをごりごりやっていたのがウソのようです。

ただしこの京セラのセラブリッドフライパンをくっつかないように保つにはいくつかの条件があるようです。

口コミを見ると一ヶ月でくっついたという方もあるからです。

まずは毎回少し温めてから薄く油を敷くことです。

私はキッチンペーパーでくるくると底と周りに油を伸ばしてなじませています。

それから改めてまた油を入れています。何も敷かずにやるとすぐにくっついてしまうようなので要注意です。

それから火は必ず中火以下で使用することです。強火にするとくっついてきます。

それから洗うときは冷ましてから洗うことです。温度変化に弱いので、熱いうちにじゅーっと水を注ぐと寿命を縮めてしまいますのでご注意ください。

いくつかの点を守れば長い間くっつかないフライパンを保つことができますよ。

iwataniのミルサーの使用感

iwataniのミルサーは、コンパクトタイプのミルサーで、食材をあっという間に粉砕してくれる便利なキッチン家電です。

ボタン1つでお米も粉砕できるので、今、流行りの米粉もあっという間に作れますし、昆布やいりこ等を粉砕して出汁として使用できたり、ミキサー機能もついているので、好きな果物等を入れてジュースも作れます。

何でも手つくりしてお料理したい方には、欠かせない便利なキッチンアイテムです。

今までもiwataniのミルサーを使用していました。

しかし、以前使用していたミルサーは、スイッチを入れて1分間しか使用できなかったのが、今回、購入したミルサーはパワーアップしたタイプのもののようで、5分間使用可能となっていました。

iwataniのミルサーを購入した理由

今まで使用していたiwataniのミルサーが壊れたので、新しいミルサーが欲しくて探していました。

私はいつも、米粉はお米を粉砕してつくっているので、ミルサーは必需品で早く欲しかったので、どれがいいのかと慌てて探していました。

お米や豆やナッツなどの固いものを粉砕するキッチン家電がなかなかなかったのですが、今回購入したiwataniのミルサーは、ネットのレビューを見ても良かったので購入しました。

iwataniのミルサーを実際に使ってみた感想

同じiwataniのミルサーの旧タイプのものを以前、使用していたのですが、同じメーカーのものでもかなり使用感が良くなっていて、違っていると感じました。

以前使用していたiwataniのミルサーの旧タイプのものは、私が魚の骨を粉砕しようとしたら、即、壊れてしまいました。

しかし、今回購入した新タイプのミルサーは、魚の粉砕も難なくできました。

また、以前のミルサーは使用するたびに爆音がしていて、「近所迷惑になるのでは?」と使用するのを躊躇してしまう程でした。

一方、今回購入したミルサーは音も静かなので、とても満足しています。

しいて言えば、もう少し、お米が細かく粉砕できたらと思うのですが。

お値段がとても安かったので、まあ仕方ないかと思っています。