はじめての防水カメラ!オリンパスのSTYLUS TG-870 Tough

STYLUS TG-870 Toughは、オリンパス防水カメラのToughシリーズの一番新しい型です。

21㎜の超広角で、ハウジングなしで15mまで潜れる防水カメラです。

180°回転する可動式の画面になっているので、自撮りをするときにとても便利です。

自撮り用のボタンもついているので、写真も撮りやすいです。

可動式の画面はなかなかないので、大きなポイントになります。

古い型にもともとついていた6種類のアートフィルターに、新たに6種類を加えた様々なアートフィルターもついています。

いろんなアートフィルターを使って写真を撮ると、加工や編集をしなくてもとても鮮やかな写真を撮れたり、味のある写真を撮ることができます。

WifiとGPSも搭載されているので、わざわざパソコンに写真をうつさなくてもリアルタイムで携帯に送れます。

GPSは旅行に行ったときなどに自分の経路がわかるので、振り返ると楽しいです。

 

オリンパス TG-870Toughを購入した理由

これから夏がはじめるという時に、子どももいるので思い出を残すためにガンガン水中で写真を撮りたいと思い購入しました。

いろんな水中カメラを探したのですが、なんといってもデザインがかわいいです。

常に持ち歩くものなので、デザインが好みのものにしたかったです。

そして自撮り機能と携帯では撮れない広角に惹かれました。

海など背景も写しながら、自分と子どもで撮りたかったからです。

 

オリンパス TG-870Toughを使ってみた感想

実際に購入してから気づいたのですが、1年に1回ゴムパッキンのメンテナンスをしないといけないうえに、料金が1万円かかるのはかなり痛いです。

コンデジにしては本体代金も高いのにそれに毎年+1万円はコスパが悪すぎると思います。

それにハウジングなしなので、やっぱり使用時に不安があります。コスパを考えると安いコンデジにハウジングをつけて使用したほうが、長く安心して使えると思います。

写真の画質は十分でした。

パキッとした色味の写真が撮れるので、空や海などが鮮やかに写ります。

ホールド感も十分にあったので、写真も撮りやすいです。

たくさんのアートフィルターも、いろんな表情の写真が撮れるので楽しいです。

そして1番気に入ってるのは、スポーツモードで写真を撮ると動き回る子どももまったくブレずに撮れます。これは本当に重宝しています。

メンテナンスが1番のマイナスですが、トータル的には写りも使用感も機能も大満足しています。